R20190429
今回もわれわれ制作部からの課題として、講談社コミックスなかよし発行の「あずきちゃん」①~⑤巻を読むこととされた。
ご存知のかたもいらっしゃるかとは思いますが、なかよしに連載された「あずきちゃん」は少女漫画のジャンルに属します。私は今回の件までそういう作品があることを知らなかった。
また、これを読み感想を述べたのはおよそ2年前で、現在とは私自身の受け止め方が変化している。
散漫としており、支離滅裂に感じられるところもあるかもしれませんが、お気軽に読み流していただければ幸いです。



あずきちゃん 
著者 木村 千歌 原作/秋元 康



あずきの弟の名前がだいず、こういうのはあさりちゃんの姉の名前がたたみということと、なにか共通項なセオリーのように思う。

少女の心の機微を繊細に描いている
小学5年生の女の子の間で、こんなに日々の中でドラマがあったとは、(恋愛における)思いもしなかった。
自分は少年時代にそんなにクラスの子を恋愛対象として意識して生きていたのか、憶えていなかったし、たぶんそんなに意識してなかったようにも思う。
よく言われるように「女の子のほうが心が大人になるのが早い」というのが本当なんだなと、当時、周囲の小さい大人たちに自分がどういう風に思われていたのか一生知らないままで逃げ切りたい。
不意にゴルゴ松本さんの言葉で「始まりは全て女の人なんだよ。女偏に土台って書くだろ!?」を思い出した。
さらにこの漫画を読んだおかげで子どもの頃の、今にしてみればひりひりした思い出が蘇った。

【小学校3年生くらいの時、転校してきた女の子がいて帰る道がおんなじ方向だったからなんとなく一緒に帰ってた。
ある日、その子のアパートのところで、「ちょっと待ってて」と言われて、宇宙戦艦大和のキーホルダーをもらった。家帰ってばあちゃんが「それどうしたんや?」と聞くから、「転校生の子にもらった」と言ったら、「その娘あんたにきーほれた、んやな。うけけけけ」と笑ってて、意味が分からん駄洒落みたいなの飛ばしてきた。
気持ちわるかったことだけはバッチリ憶えている。

その子、4年に上がる前にまた引越しして、そして6年の途中くらいに苗字が変わってまた転校してきたが、誰も、以前いたその子って言わなくて。
ぼくも気づかなかった。
ぼくらは小学校卒業し、中学生になってクラスも離れていたし、関わりもなかった。
2年生にあがる頃にはたしか、そのこ不登校になりいつの間にか学校から消えて卒業もしてなかったと思う。そのことに気づいたのは、彼女が転校した子と同一人物だと知ったのはそれからずいぶんと経ったある日のことで、友だちとたわいない思い出話をしてる最中だった。】


1話2話などの小節ごとに[あたし野山あずさ、五年二組の保健委員]と自己紹介が入る。

小学生高学年の、男子と女子との間の思いのみぞ、まあこれはいくつになってもそのみぞはあるのかもしれないが、随所でおもに女子がやさしく嘘をつく。
改めて嘘はいけないとは思うが正直者はそれはそれ、時として周囲の人をイノセントに傷つけているという一筋縄ではいかない人の世の理や、夏目漱石の「草枕」の有名な冒頭の言葉など思い出した。
そしてありきたりだか、ぼくの嘘にたいする順位(あくどい順)など記してみた。

1:人同士の関係性を壊す嘘
2:自分のためにつく嘘
3:相手のためにつく嘘

1〜3と単純に順並べしているが、1と3の間の溝たるや、1番が1979年頃の新今宮のドブのたまりとすれば、3番は大峰山中腹の清流くらいの差はあると思う。
けど、嘘はつかないにこしたことはないんだろう。

1巻の終盤で人気者男子勇之助くんが、雛人形を出さないと婚期を逃すという話題のくだりで「あずきがいきおくれたら、オレがもらってやるからさー」と軽く言ったのをうけて、あずさ(あずき)が卒倒しそうになりつつ、「と.....とにかく一生おひなさまをかざるのはやめよう!、いきおくれてしまおう!」と心の中で思うあたりや、2巻で勇之助くんにたいする恋のライバルである、クラス1人気者女子のヨーコに公園に呼び出され、勇之助から手を引くように言われる。しかし、あずきは思いの丈をついに吐露し、公園でどちらのほうが勇之助くんのことが好きか、地面に多く書いたほうが勝ちという勝負をしたり。

好むも好まざるもヨドミも吸い生きてきた45歳男からしてみたら、直視できない、キュンのフルコースだった。
1度に短期間にあんまり多くのキュンにあてられると、どうも。
この企画今回の課題を申しつけたわれわれ制作部を心的外傷のことで民事提起も視野に入れたいとまでは、思った。


細胞レベルの恋愛、魂レベルの恋愛。←(これも何を指し記述したか覚えていない、ただ、流行った人気女性タレントさんのネタは関連してなかったと思う)
人間の細胞は約60兆個それらが複雑に活動しその網状組織のネットワークにより思考・判断・行動がなされる。その組み合わせや強弱のバリエーションがその人の個性として現れる。
魂は実体のない気体のようなものかもしれないが、だから大きさは計り知れず、無限とも言えるし、ないとも言える。触れられないが存在するものはたくさんあり、魂もそれのようなものかも知れない。

モテる努力をあんまりしていない(ように思える)あずき(あずさ)が、次々とクラスの人気者男子のハートを掴んでいく辺りにご都合主義というか、漫画ならではのファンタジーというかだからこその夢、カリカリすんなよおっさんとわれにもどる。
小学生高学年の時のクラス1人気女子のヨーコのモテ努力などが、現実的には正解とされるのだろう。軽薄な感はあるが。
とはいえあずき(あずさ)も努力していないことはなく、髪型を気にしてみたり、ファッション雑誌を読んでみたり彼女なりの女子度アップを図るわけである。そういった小手先の自分磨きなどではなく、やはり彼女の最大の魅力は、彼女の人を思いやる気持ち、誠実さ、けなげさなどが1番の強みだろう。
人しての魅力はたいへんあるのだが心を蔑ろにしがちにもとれる現代の風潮では逆風が強く、このまま成長すれば生きづらい人になり得るのではないかと思った。漫画だから、彼女の家族はあたたかく、同じような優しい友人に恵まれ、適度な苦難がふりかけられるあたりがフィクションとして心のレクリエーションにちょうど良いのか。