まだまだ暑いけれど、空気はあきを感じさせるものがあります。何かに夢中になるという事は、ある時“はっと”した感じで、自分と外界の接点を感じさせるものがあるものです。それは、自分が何かに打ち込んでいないと感じる事の出来ないものでもあります。その一瞬というものは、快感でもあり、人が何かの成長のきっかけになる一瞬でもあるのだと思います。時間は一瞬の連続なのだけれど、濃淡があり、同じ時間の連続でも違うものです。それは、人によっても違うものでもあるようで同じ事や物を見つめても考え方や結論が違うように、そこには、経験やその人の背景にある歴史が関係するようです。衣食住は人が生きていく基本だけれど、食に対する考え方も人それぞれで、何故か、食べ物の好き嫌いの多い人は、人の好き嫌いも多いし、食べ方の汚い人は、やはり、生き方も整理整頓が行き届いていないように思います。これは、私見ですけれど、自営業の人で食べ方の汚い人というか、食べ残しの多い人というのは、何故か破産する人というのが多いのですが、もちろん、これは私見ですけれど!!
2018.8.25 久米