やっぱり春がやって来たという実感です。どんな事があってもちゃんと春がやって来ます。ずっと冬というのは無いし、又、ずっと夏というのも無いのです。ある人からの「人生というのは、オセロゲームの様なもので、ある時、全部ひっ繰り返る事がある」という言葉が印象に残っています。確かに森友事件とか、リニアの事件とか見ているとそうかも知れません。でもそれは、世の中的な成功とか不成功という尺度で考えてみるとそうかも知れませんが、本人の内では幸福とか、いや「ちょっと違うなあ」とかいうのは、あると思います。世の中的成功と本人の幸福が一致すれば一番良いのだけれど、そうで無い場合というのもたくさんあるし、日陰の人だけれど、この人は幸福だろうなあというケースはたくさん有ります。インターネットの普及で、人間は、誰でもある一瞬だけ有名人になる事が出来るのだけれども、それで幸福かというとそうでも無い、やはり天知る、地知る、人知るで人間が知るのが一番遅いのであって、インターネットは天と人との間の時間を縮める役割は担っていると思う。どんなに世の中が進んで、便利になっても、根源的に優秀な人間というのは、内面の充実感というのを求めてその充実感と人間社会との結びつき方というのに腐心するのだと思う。
2018.3.25 久米