ティッシュの会制作部より

メンバーの森嶌、出井に、それぞれ一公演ずつ、「観に行くつもりじゃなかった公演」を観に行ってもらう、というのが今回の主旨となります。

5月某日、某人気劇団の公演で挟み込まれていた大量のチラシ束の中から、われわれ制作部の琴線に触れたチラシを幾つかピックアップし、観に行ってもらう公演の候補としました。

公演を選定するにあたり、下記のような条件を設定しました。

一、今までに観たことのない劇団であること。
二、チラシにクレジットされている公演関係者に直接の知り合いがいないこと。
三、様々な理由により、"もともとは観に行くつもりがなかった"公演であること。

今回は出井のリポートです。

観た公演


青空ピクニック #1『ぼくのすきな、きみの声』
会場 Cafe Slow Osaka(十三)
鑑賞日時 5月27日 18:00
支払った料金 1800円(当日券)

※チラシの写真は掲載の許可を頂いています。

ユニット名について

というわけで、「青空ピクニック」さんの公演を観てきました。チラシには、青空の下でピクニックをしている写真がうつっていたので、青空の下でピクニックをするお芝居なのかなあ、ということを予想していました。

以前、いしわたり淳治さんが「関ジャム 完全燃SHOW」(テレビ朝日)の作詞がテーマの回に出ていたとき、秋元康さんの作詞テクについて言及していて、SKE48の『12月のカンガルー』という曲のように「12月」と「カンガルー」という本来関係ないものを組み合わせるテクニックを、「ごくせん方式」と呼んでいました。極道と先生は相反する言葉、その2つをつなぐドラマに興味がわくと。名詞と名詞が「涙+流れ星」のように近すぎるとしょうもない、興味がわかない、ということも言っていました。ゲストの千原ジュニアさんは「振り幅しりとり」をするそうで、「フリチン裁判長」などの例を挙げていました。裁判長的な権威ある人物がフリチンなわけがない。遠い言葉の組み合わせであるということです。
その考え方でいくと「青空」と「ピクニック」は、とても近い。ピクニックは青空の下でやるに決まっています。関連性が高い言葉、近い言葉どうしが組み合わされたユニット名だということがいえると思います。これが秋元康だったら、曇天ピクニックみたいな名前をつけるでしょう。
私は正直もうそういう遠い言葉どうしの意表をついたようなネーミングに飽きているところがあります。遠けりゃいいってものでもないと思います。奇をてらっていると思われる可能性もあります。
その点、「青空ピクニック」という名前には、まっすぐで、素直なユニットというイメージをもつことができます。

会場へ

会場は十三にあるCafe Slow Osakaというカフェです。駅側から、十三フレンドリー商店街を進んでいくと、会場周辺に、青いTシャツの人が二人立っていました。Tシャツには「青空ピクニック」と書かれていて、なるほど、スタッフの人か、とわかりました。
店に入るとすぐ受付があり、「ご予約のお名前は?」と尋ねられました。私は予約をしていなかったので、当日券をお願いし、料金を払いました。すると、予約票のような小さい紙を出され、ここに名前を書くようにと言われました。「名前を書かないと観れないんですか?」と訊いてみました。すると、受付の方は「そういうわけじゃないんですけど、名字だけでも」と言いました。ふーん、そうか、と思ってフルネームを書き、入場しました。
カフェの奥にもうひとつ部屋があり、そこで公演がおこなわれるようです。真っ青なパンチシートが中央に敷かれ、白い布がかけられた椅子のようなものが並んでいます。ここに出演者が座るのだなとわかりました。

前説

客席に座ると、まもなく前説らしきものが始まりました。このユニットの主宰と思われる女性と、スタッフの姿(青いTシャツ)の男性が入場し、朗読形式でおこなわれました。
スタッフ役の男性が告げる「携帯電話の電源を切りましょう」などの注意事項を、観客役の女性が聞くという形です。
女性は観劇初心者といった感じのふるまいで、舞台などを観るのがはじめてなお客さんが感情移入できそうなつくりになっています。
なぜか最後らへんで、スタッフ役の男性が、お客さん役の女性の頭をぽんぽんとします。女性は頭をぽんぽんされて喜んでいます。
私はちょっと、なんじゃそら、と思いました。うひょっ、とも思いました。ニヤリともしました。はずかしいものに対してキュンときているのか、キュンときているから はずかしく感じているのか、どっちかわからない、そんな感じです。

開演

出演者は7名(前説に出ていた主宰の女性含む)。全員が白い服を着て、それぞれ異なる色のスカーフみたいなものを首に巻いています。そして、スカーフと同じ色の本(リーディングの台本と思われる)を手にしています。その姿を見て、私は、「これ、何かに似てるなあ・・・」と思いました。すぐには思い出せなかったのですが、40分ぐらいしてから、あ、ビストロSMAPか、と思い出すことができました。

チラシには書いていなかったので、わからなかったのですが、これはリーディング形式の公演でした。7つの短編から構成されています。

戯曲のリーディングではなく、「おはなし」のリーディングのような感じ、です。せりふ以外の「地の文」がたっぷりあって、状況も感情もことばによって説明されていきます。地の文は各おはなしの主人公らしき人が担当し、他のセリフは分担されています。

ひとつひとつのおはなしはとてもコンパクトにまとめられています。

たとえば、こんな感じ。

3.「粉雪のダンス」
スキーかスノボ(どっちか忘れた)が好きな夫婦。夫が病気で若くして亡くなる。妻悲しむ。夫からの手紙見つかる。妻悲しむ。生きていけないと思う。幼い娘出てくる。この子のために、みたいな感じでちょっと前向きになる。雪降る。雪=夫ととらえる表現。

4.「はじめての手紙」
郵便屋の仕事をしている猫。毎日手紙を回収したり配達したりしているが、自分への手紙は届かない。ある日、ある動物がこまっていたところを、ちょっとたすける。お礼にその動物から手紙くる。はじめての手紙。喜んで返事を書く。

この2つに限らず、あらすじを簡単に説明できる、よくまとまった話が多かったように感じます。
私は、すじしかないのに、すじがつまらないな、と感じてしまいました。

しかし、これは、あえてそうしているのかもしれません。
出ている役者さんたちはみんな、「上手」で、声が全員素敵です。
タイトルにもあるように、その声を楽しむ、そういう公演なのだと思います。

だからあえておはなしは、個性や変態性みたいなものを排除して、声が魅力的に、はえるように、そのことに特化してつくられているのかもしれません。

「変態性」は、安田雅弘氏のワークショップを受けたときに、作品に込めろと言われたもので、心に残っている言葉です。
面白い作品には、作家(脚本家、演出家、俳優…)の変態性が見えるはず。

私は、2.「明日のサカナ」に、好感をもちました。転入先の学校で周りとなじめない自分をイワシに重ね、いつも水槽をみつめる女子高生と水族館で働く男のラブストーリー。悩みとかいろいろあるけど思いはつうじあって、初デートは水族館へ。

ストレートすぎるほどストレートで、キザっぽくもあり、自分が好きだった90~2000年代の『りぼん』が思い出されました。そんな世界なのに、実際に目の前にいるのは、たぶん肌荒れとかもある、生身の人間。そこにおかしみを感じるとともに、自分の人生にもこういう展開あるかもな、と一瞬思わせてくれる。あったらあったでなんじゃそりゃ、と思うし、っていうかまあそんなことは起きないが、こんなふうにキザにふるまってもいいし、男は小栗旬じゃなくてもイケメン然としてていいんだな、っていうふうに思うことができました。私は「イケメン風」にたまにぐっときます。愛着を持ってなんかいいよなと自分が思う対象はいつもどこか気持ち悪い。けどわかるし、なんかいいよな的な。これは「変態性」かもしれません。以上


追記
『りぼん』のことを簡単に書いてしまったけど、いろんな作家、いろんな作品があって多様な漫画雑誌だった。たまに恋愛をあつかわない作品もあった。それも含めて「少女漫画」雑誌でした。