今週は急に寒波で、大阪でも雪が見られました。こんな時、人々は夏のアスファルトやコンクリートからの反射熱の中を歩くようなあの日の事は忘れて「今日はものすごく寒い。こんなの初めて!!」とかよく言います。でも暑い日は暑い日でその反対の事を言っています。それほど人は過去の事はすぐに忘れてしまいます。人は今の状況に反応して自然は自分のサイクルで動いています。トランプ大統領になって貿易は保護貿易になりこれまでの自由貿易はこれで終わりになるのだろうと思います。世界の一番安い所で部品や材料を調達して、それを一番速くそして安く消費者に提供するという考え方でしたが、これからは地元で部品や材料を調達して、それを適正価格で提供し、地元の雇用を作りだし、地元の経済、街づくりに貢献していく、企業は最高益を出す事よりも、ずっと雇用を守り続ける事の方が大事で、リストラで最高益を出したとしても世の中から相手にされなくなるのだと思います。ある意味それは人間らしい世の中に向って行くのだと思います。日本にだってここまで貧富の差が拡がったのは欧米流の投資家本位の資本主義のためで、もう一度終身雇用を基本的な考え方とした雇用に変化させて、働く人に愛社精神や人間関係にもっと余裕が生まれるようにすべきだと思うのです。人間は経済活動だけで生きているのではなくて、もっと見えない関係や、歴史の流れ、それは個人の祖先からの流れとか、もっとたくさんの要素の中で生きているのだからそれらもみんな含んだ社会というのを国や会社も認めていくべきなのだと思います。
2017.1.25 久米