梅雨明けしてからが湿度の高い日が続いていますが、これからが夏本番です。不景気の夏、どうかなと思います。店の近所の高校生が来て、たくさん話をしていきました。彼の将来の夢は、パイロットになる事でそれも民間機よりも戦闘機が良いらしくて、防衛大に行くか、いきなり自衛隊に入ってパイロット養成のコースに行くか、考えているらしく、とにかく空を飛びたいらしい。彼の行っている高校は京都の進学校で、京大とかにたくさん進学する高校らしくて、彼も頭が良さそうで、沖縄が軍事的にいかに重要かとか、中国の脅威とか、ロシアの歴史的な狡賢しこさとかを熱心に話してくれた。これから、国にお金が無くて、福祉の面や、国公立大の補助金を削るという方向で動いていて、特に国公立大では理系に予算を回して、文系の方は私立大に任して、理系優先にやって行こうという事らしいけれど、そもそも何が本当に役に立つかというと誰も判らない。確かに理系的・工業的な事の方結果が判りやすく、実利に結びつき易い、けれど、もっと大きな発展をするためには、哲学が必要な気もするし、それでは、それを何時誰が教えるのだろうか
2015.7.25 久米