2014年06月

@tissuenokai

ティッシュの会のアカウントを作成してみました。
ブログが更新されると、自動でツイートされます。
なにか おしらせできることがあるよう がんばります。

image

小学生のころ、水泳で着替えるとき、周りの子がみんな ゴム入りのバスタオルを持っていた。調べたらプールタオルとかラップタオルと呼ぶらしいが、腰に巻いてスカートみたいになるやつ。これを使うと、からだを隠しながら着替えることができる。わたしはふつうのタオルしか持っていなかったので、からだを隠しながら着替えるのが難しかった。うまく隠せなくてうっかり見られたらすごく恥ずかしいと思って、着替えがおっくうだった。みんながうまくからだを隠して、悠々と着替えができるアイテムを持っている中で、自分だけがちょっとうっかり見られてしまうかもというおそれを抱いている。自分だけが見られたら、恥ずかしい。だから、みんなが持っているゴム入りのタオルをすごくうらやましいと思っていて、おそらく何回か、母にねだった。母は「家に普通のタオルがあるのに、なぜ、わざわざそんなものを買わないといけないのか」というようなことを言った、と思う。それはすごくもっともだと思った。「みんなが持っているゴム入りのタオルがないと恥ずかしくて着替えることができない」と思っている自分は勇気がくじかれていて情けない。すごく欲しかったけど、欲しがる正当性がない、というふうに感じていた。

子どものころは気にしたことがなかったけど、うちにあったバスタオルの多くは、傷んでも捨てずやたら長く使い続けていて、手ざわりは紙やすりと同じくらいザラザラしており、いつもバリバリに固くてゴワゴワしていた。乾いたタオルの感触とはそういうものだと思っていた。妹が「柔軟剤」を導入したことがあって、その何年間かはタオルがやわらかかった。

ある年の夏、どういうきっかけか忘れたが、母がゴム入りのタオルを作ってくれた。みんなと同じ普通の人並みのタオルだ ということで ホッとしてとてもうれしかった。

中学生になってからも水泳の授業はあったが、こういうタオルはたぶん使っていなかったように思う。中学生になって運動部に入ったら、部活の女の人 全員のブラジャーがTシャツから透けていた。学校指定のTシャツは薄いカスカスの生地で、白色だったので、下着のプリント柄とか施されたレースのかたちとかもよくわかった。私は、気が強くて女くさい先輩の透けるブラジャーを毎日見ていた。今日は何かな、と意識的に見るようにしていた。男女いっしょに活動してたけど、ブラジャーを透かすことはあたりまえのことで、むしろ誇らしげ、みたいな空気があった。なにをアホと思うか、なにを恥ずかしいと思うかはくるくる変わっていった。

image

「とんかつこおち」のねぎかつ丼
おいしかった
とんかつにわさびってすごくいい、まねしよ

「アナと雪の女王」を観てきました。

1・キャラクターの表情の表現に嫌悪感を覚えた。

2・ハンス?、アナを誑し込んだ 兄弟多い王子、なかなかの畜生悪役っぷりで   ちょっとビックリした。

3・「目出度し目出度し」なエンディングに辟易し てしまっ た。せめて、雪の   女王が魔法で造った 雪だるまくらいは消えてしまっても美しかった のでは  ないかとも思った。

4・ 噂以上に松たか子さんの歌唱力に驚いた。

5・ 思いのほか松田聖子の娘さんも良かった。

6・ ラプンツェルの話と絡まっているとか、ジブリ的 な演出方法でないの。な  どと思った。

7・「ノーモア・映画泥棒」のグッズが割と人気があって、 密かにアツいの   か?という光景に出くわした。

8・ トナカイ男のキスでアナにかけられたら魔法が解けなくてホッとした。

9・ ディズニー・ピクサーが圧倒的独り勝ち、アニ メーションエンターテイメ   ント産業を世界的に席巻している状況下が気になっては、素直に感動しきれ  ない自身の小賢さに残念な 気持ちになっ た。

10・おもしろかった。

『続・最後から二番目の恋』の10話を観てむねキュン。恋。

前作のほうが良かったとか思ったりしてたけどそんなんもうどうでもいいな。

なんかいも続いていく くりかえす 会話が見たい。

変わりながら、年とりながら続いていったらいいのになドラマが。ホームドラマが。(そういういみで渡鬼が好き)

これからもまたこの人たちに会いたいと思える作品はさいこうだ

ママだって、人間
田房 永子
河出書房新社
2014-03-14


おもしろかった。笑うし泣く。絵も好き。
正座するリボンがかわいい。ロボットジジイいるよな と思った。
出産も育児もしてないけど、してなくても、これからなんか困ったことあったとき思い出して開くかも、と思う。

↑このページのトップヘ